MENU

得するクレジットカードの使い方って一体何?

支払いの際にクレジットカードを使うと、現金では発生しないお得なクレジットカードポイントを貯めることができます。更にお得な支払い方をしたいのなら、クレジットカードでチャージした電子マネーを使用することをオススメします。まず電子マネーにクレジットカードでチャージする時にクレジットカードポイントがつきます。

 

そしてその電子マネーでお買い物をすると、支払い時に電子マネーポイントまでつくのです。あるコンビニ系の電子マネーでは、税金や社会保険料、切手まで電子マネーで支払いできるのでこれを使わない手はないでしょう。消費税の増税を目前に控え、クレジットカードを使用することで0.5%から2%がキャッシュバックされるのですから、現金支払いは極力控えてクレジットカード払いにすることは、消費税増税に立ち向かう有効な手段といえます。

 

クレジットカードは計画的に

その場で現金を持ち合わせていなくても、お買い物が出来る便利なクレジットカードですが、しっかりと計画を立てて使っていかないと大変な事になる場合があります。よく、クレジットカードが原因で借金まみれになった人の話を聞きますが、それはカードだけで買えてしまうため金銭感覚が失われてしまい、きずいたら返済しきれない額使ってしまったため起こってしまう状態です。

 

そのようにならない為には、自分のお金と相談し、しっかりと返済出来る事を確認してからカードを使用して購入する事です!後々お金を払うという事を忘れずに、カードだけで無料で購入すると錯覚しない事が大切です。

 

クレジットカードは、現金を持っていなくても買えるという便利な面がある反面、計画的に使用しないと大変な状況に陥ってしまう危険性がある事をしっかりと理解して、安全に使っていきたいですね。自分のお金と相談しながらクレジットカードを有効に活用して快適なお買い物を満喫していただきたいと思います。クレジットカードに対する不安が少しでも解消される記事になれれば幸いです。

 

そもそもクレジットカードの仕組みとは

クレジットカードの年会費ってほんとに無駄だと思いませんか?
持っているだけで年会費がかかるなんてぼったくりだと思います。ましてや、クレジットカードをなん円分使ったら年会費無料とかとんでもない話しです。クレジットカードの最大の欠点は「知らない内に知らないお金が引かれている」という事です。もちろん全く見に覚えがないと言うわけではなく、なんとかの手数料、年会費、携帯電話契約時のコンテンツ料金など知らずに毎月引落されている少額のお金もちりも積もればびっくりです。

 

あとは例えばポイントを貯めて商品等に交換できるとか、携帯電話のポイントに交換できるとか何とも魅力的な内容はあるものの、ポイントの有効期限があったり知らない内に失効していたりとなんだか損した気分になることもしばしば。手紙やハガキでポイントはいくらで失効期限はいつですというような連絡をくれるととてもありがたいのですが、携帯電話と同じで新規ユーザーにはメリットたくさん、既存ユーザー(会員)には冷たいのはいかがなものでしょうか。

 

どの様に調査しているか知っていますか

クレジットカードに申し込みの際には必ず審査を受けますが、誰もが審査に通る訳ではありません。審査に落ちてしまっても、クレジットカードを発行している会社は審査落ちした理由を教えてはくれないので、落ちた人からすれば疑問に思う人もいるでしょう。しかし、審査落ちしてしまうには必ず理由が存在しており、各カード会社によって独自の審査基準も加わるので種類によっては審査難易度も変わります。

 

では、審査の基準とは一体なんのでしょうか。それは、ズバリ返済能力の有無が最も重要視されています。カードに申し込む際には、年収や勤務先・現在の借金等を申告する必要がありますが、これらの情報は信頼情報たり得ないので、これだけでカード会社は判断することはありません。カード会社はこれらの情報の確度を高める為に、信用情報機関へ情報の照会を行っています。この時、利用者が既に他社で借り入れをしているのであれば、返済状況を確認して問題の有無を調べています。この調査結果を元に審査の合否を判断しカードの発行を行っているのです。

 

審査不要のクレカ、デビッドカード

カード会社は自社でそれぞれの基準を設定していて、クレジットカードを申し込む希望者がその基準に達していない場合、審査で落とされてしまいます。勤続年数が少ないと収入の安定性が低いと見られる事もあるでしょう。その厳しい審査をくぐり抜け、カード取得を試みている方もいらっしゃると思います。そんな方にオススメのカードがあります。それは「デビットカード」です。審査が不要で簡単にカードを持つことが出来ます。一般的なクレジットカードとの違いはカード利用時に即引き落とされることで、各カードの設定する限度額の範囲内で預金残高が利用限度額になります。そのため使いすぎる心配がないので安心です。

 

手軽に現金感覚で使えるのもポイントですね。ソニー銀行の「ソニーバンク・ウォレット」や三菱東京UFJ銀行の「三菱東京UFJ・VISAデビット」などがあり、これらはATMの引き出し手数料が無料だったり、利用額に応じてキャッシュバックがあったりで、持っていて損のないカードです。カード会社の審査になかなか通らない方や、自営業者の方々にはデビットカードがオススメです。

 

カードの体験談と注意したい所

クレジットカード持ったのは友達に進められ、審査も通り使っています。カードを紛失して他人が勝手に使っているかもとカード会社に緊急電話したり。ガソリンスタンドでカード入れ、取り忘れたり。保険がかけてあると言っても後でいらない時間がかかるのが、いやです。何回も使っていくと磁気がうすくなったのか取り替えました。リボ払い、キャッシング、ありますが私はいつも一回翌月払いです。

 

このカードにはポイントつきますので、またいろん な料金等ひきおとししていますのでポイントが貯まり、ポイントは別カードにいれてもらい買い物したりと楽しみがあります。カードの裏には自分の名前をしっかり書く欄がありそこにサインを書いておかないと、盗難にあった時たいへんな請求高になるとか。暗証番号も人に教えないやはりそのカードは自分専用だから人に貸す物ではないです。いろいろと使っていく内に金額はねあがったりして通帳に入っていなかったりしますので確認するべきところです。

 

リボ払いはデメリットが多い

クレジットカードを利用した場合の支払い方法は一括払いと分割払い、それにリボ払いを選択することができます。一括払いですと金利手数料がいらないので、クレジットカードの利用代金の支払いの第一の選択はもちろん一括払いということになります。

 

しかし、高額の支払いになってしまう場合や個人的な事情で仕方なく、金利手数料がかかってしまう、分割払いやリボ払いを選択することもあるでよう。その場合でもリボ払いはデメリットが多いので、なるべくなら分割払いを利用することを意識したほうがいいでしょう。

 

リボ払いでも全くメリットはないというわけではありませんが、デメリットの方がメリットよりも多いと考えたほうがいいのです。特にリボ払いを複数の支払いで選択すれば、支払期間が長期になってしまうことも考えられますので、利用しないほうが無難です。リボ払いを選択したいときには繰り上げ返済を利用するという前提で利用したほうがいいでしょう。

審査が甘いと有名な審査に落ちました

最近引っ越しをしたばかりで、居住年数が一年未満だったためか、審査が通りやすいと有名な会社のクレジットカード審査に落ちました。居住年数以外の項目でひっかかりそうなものは思い浮かばないのですが。。もともとずっと使っているクレジットカードもあるのですが、買い物に使いやすいしポイントも付くという利点があったので、もう一枚作ってみようかなという感じで申し込んでみたのです。

 

だから、落ちたからと言って不自由があるわけではないのですが、そんな居住年数だけで落ちてしまったのにはショックでした。もしかしたら、他に何か原因があったのかもしれません。

 

ただ、審査に通りませんでしたというような連絡のみだったので、何がいけなかったのか、きちんと伝えてもらえたら、もう少しすっきりしたのかもしれませんが、試験に落ちたような気分で、いや〜な感じです(笑)一つの審査に落ちると、その情報は他にも回るらしいという記事を読んだので、しばらくはどのクレジットカードもつくるつもりはありません。

 

審査が厳しいクレジットカードはどこを見ているのか

クレジットカードを何枚も保有してきましたが、今まで審査に落ちたのは一度だけでした。それは少し前のことですが、ちょうど転職をした直後のことでした。今から考えてみると転職直後であったことが審査に落ちた理由と考えられますが、そのころの審査基準では転職という事実があまりよくない審査結果になったということでしょう。

 

クレジットカードの審査で厳しいとか緩いとかよく聞きますが、実際にクレジットカード会社が審査をする時にどのあたりを重視して審査をし、その結果が出てくるのは公表されていませんからはっきりと知ることはできません。

 

しかし、審査に通った人や審査に落ちた人のデーターを総合することによってある程度は想像は付くはずです。

 

インターネットなどで流れている審査が緩い、厳しいという話もやはりある程度は信用してもいいようです。審査に自信がない人はインターネットの情報を精査して審査が緩いといわれているクレジットカードの申し込みから始めましょう。
>>審査が甘いクレジットカード

 

最後は自分でチェックしておく

信用情報に瑕疵があると、事故情報を示す「異動」の文字が信用情報機関の登録情報に記載され、カード会社などに共有されていきます。しかし、この情報は時間の経過によって削除されてくので、過去にクレジットカードの審査に落ちたとしても、一定の期間が過ぎれば審査に通る可能性は高まってきます。

 

では、どのくらいの期間を経れば事故情報が削除されるのかというと、それは事故情報の内容によって異なります。延滞の場合には、滞納している金額と遅延損害金を支払い終わってから最低で6ヶ月間の期間が必要になります。

 

任意整理の場合は、協議の結果に決めた金額を返済し終わってから最低で3年間の期間が必要です。個人再生の場合は、裁判の結果で確定した債務を返済し終えて最低で6年間になります。自己破産の場合は、裁判によって認定された日から最低で10年になります。以上の様に事故情報の削除は、事故の内容の重さに比例して削除期間が長くなる傾向があります。

 

ただし、これらの削除期間はあくまでも最低の期間なので、必ずこの期間で削除される訳ではありません。また、事故情報の消し忘れる等もあるので、クレジットカードに申し込む際には自分で信用情報をチェックしておく方が安心です。